「ペタップ」使い方の本

こりと痛みがラクラクとれる

「痛み」の原因のひとつに、血行不良があげられます。血行不良になりますと筋肉に酸素や栄養の不足をきたし、その結果、神経の活動が異常に高ぶったり、筋肉がケイレンしたりして、「痛み」が発生します。この療法は、こうした「痛み」に対して特に有効です。また、この療法は、その他にも次のような効能・効果があります。

  • 血行を良くし、自律神経の失調を改善します。
  • 血行を良くし、筋肉の緊張をほぐし、「こり」を緩和します。
  • 血行を良くし、病気に対する抵抗力を増進させ、炎症を抑えます。

治療後、その周辺がポーと赤みをおぴたり、ポカポカと暖かく感じることがありますが、それは血行が良くなったからです。

ページ上部へ戻る